弱視啓発動画、並びにSVS導入小児科クリニック一覧のページにつきまして

2020年1月15日


ウェルチ・アレン・ジャパン株式会社

マーケティング部



弱視啓発動画、並びにSVS導入小児科クリニック一覧のページにつきまして




拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。


SVSは2015年7月のリリース以来、各国でご好評をいただき、日本でも多くの小児科ならびに眼科の先生方にもご愛用いただく製品となりました。(2020年1月末実績:小児科 約1,200件、眼科 約1,800件、自治体 約120団体)

小児の眼は、3歳までに半数以上の子どもが視力1.0になり、6歳で成人と同じ視力を大部分の子どもが持つようになります。3歳位までに弱視を発見し、適切な治療を開始できれば、弱視であっても視力はかなり回復します。一昨年には日本弱視斜視学会・日本小児眼科学会の承認のもと、小児科の先生方向けのSVS運用マニュアルが発行(https://www.jasa-web.jp/c-news/1489)された他、日本眼科医会と日本小児科医会の連携も始まり、SVSスクリーニング後の眼科での小児患者の受け入れ態勢も整いつつある状況です。


親御さんも気づかない、お子さん本人も「見えない」と言わない、「子どもの弱視」は見逃されやすく、三歳児健診でも見逃されている状況は50年以上続いております。少しでも多くの親御さんにお子さんの目の状況に気にかけていただけるよう、弊社で「見つけよう!弱視」と題した1分半ほどの動画をご準備致しました。またアクセスしやすいようにQRコードもご準備しており、企業として弱視の啓発に取り組んでいこうという所存でございます。ぜひお時間がある際にでもご欄ください。


また、一般のご家庭のお母さまからも「どこで弱視のスクリーニングができるの?」と言ったお問合せをいただくことも多いため、弊社のウェブサイトでSVSのスクリーニングが受けられる小児科様の一覧も掲載しております。


ウェルチ・アレンを今後とも、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。




「見つけよう!弱視」啓発動画につきまして

少しでも多くのお母さま方に、お子さんの目について知ってもらおうと1分半ほどの動画をご準備致しました。

弱視についてわかりやすく説明しているので、ぜひご覧ください。

pic01.png

https://www.youtube.com/watch?v=1YF58M9zH28

右のQRコードでもアクセスできます

qr01.png

pic02.png

また、SVSのスクリーニングを受けたいというお問い合わせが多く、SVS導入小児科クリニック様の一覧を弊社HPにて公開しております。(すでに導入済で掲載をご希望される先生は弊社までご連絡ください。)

http://welchallyn.jp/facility/svslist.html

こちらも下記QRコードでアクセスできます

qr02.png

pageTop