• HOME
  • » ニュース一覧 (2020年)
  • » 【NEW!】小児科でのOAE(耳音響放射装置)の臨床活用と必要性のウェビナーを開催致します

【NEW!】小児科でのOAE(耳音響放射装置)の臨床活用と必要性のウェビナーを開催致します

2020年11月6日

小児科でのOAE(耳音響放射装置)の臨床活用と必要性
2020年11月27日(金) 7:00PM-8:00PM


この度、ウェルチ・アレンではOAEヒアリングスクリーナーの発売に伴い、「小児科でのOAEの臨床活用と必要性」と題したウェビナーを開催することと致しました。

ゲストスピーカーにはアメリカで臨床、教育、研究など40年にも渡るご経験を積まれた国際的に著名なオージオロジスト(聴覚訓練士)のJames Hall博士をお迎え致します。

この60分間のウェビナーでは、聴力障害の有病率、全年齢におけるスクリーニングの重要性、他覚的スクリーニングと自覚的スクリーニングの利点についてお話しいただきます。また、OAEについてもご紹介します。OAEとは何か、OAEスクリーナーはどのように機能するのか、結果をどのように解釈するのかをご紹介いたします。

小児科領域におけるOAEの臨床応用について学び、早期診断と治療を可能にするために、ホール博士のこちらのウェビナーに是非ご参加ください。

なお、本ウェビナーは英語ですが、日本語の字幕が入ります。また本ウェビナーは無料です。下記のリンクよりお申込みください。

本講演は時差の関係上、事前収録されたものとなりますが、ご参加いただく方からのご質問は受け付け、48時間以内にホール博士より回答いただけることになっております。

また、当日ご視聴が難しい方も事前登録いただけますと、ウェビナー終了後にアーカイブとしてコンテンツを視聴いただけますので奮ってご登録ください。

ご登録はこちら

james.jpg

James(Jay) Wilbur Hall III, PhD Professor, George Osborne College of Audiology, Salus University, Elkins Park Pennsylvania

pageTop